スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寧々の誕生日にあたり

  • 2014/09/26(金) 16:20:36

寧々 我が家にやってきて4回目の誕生日

CATNAP(現Happy paws)さんが保護してくださった事が縁で 我が家のお姫様となりました。
寧々が今 幸せに安心して暮らしてるので、過去の辛い思い出はあえてお話することもないかなと、保護時の写真は公開をしてませんでした。
ですが、保護犬のことをもっと知ってもらいたい という願いもあり、寧々の誕生日にお話しさせていただきます。

+++

寧々が保護されたのは 2010年の8月。
保健所に直接持ち込まれたのか どこかで保護されたかは分かりません。
ガリガリで毛並みもボサボサで 表情もとても暗くて  とても辛い状況にいたんだ ということは一目で分かる状態でした。

保健所にいた時の写真

寧々 引き取り時1

保護されて生まれて初めてのシャンプー かも

寧々 引き取り時6

寧々 引き取り時4

寧々 引き取り時3

( わたし なにされるのかな・・・ ) って、すごく不安そうな顔

寧々 引き取り時5

肉球がこんなに赤く腫れ上がっていて 痛くて歩くのが困難だったそうです
ものすごく汚い所にずっと放置されていたんでしょうね・・・
子宮も癒着していたそうです 手術してもらって治りました
足にも深い切り傷もありましたが、これも跡も残らずに治りました

+++
たぶん寧々は 極悪ブリーダーのもと 小さい時から常に子犬を産まされ続け 
汚く寒い ご飯も十分にもらえない
そんな生活を何年も何年も続け・・・
体を壊して 子犬が産めない体になったら 用はないとばかりに
物のように簡単に捨てられた

のではないかと思います。

+++
我が家にやってきても 
おもちゃ には全く興味もなく 遊ばない (これは今でもそう)
抱っこもなんだかぎこちなく 苦手そう
常に自分の安全な快適な場所を見付け そこでじっと寝ている

こんな感じが2年

そしてここ1、2年で 自分からいろんなアピールをしたり
ハウスのベッド以外でも自分の場所を見つけてまったりしたり
とっても飼い犬らしくなったんです



今では こんな お父っちゃんに甘えて 
ツンツン と鼻で催促してくるんです 
抱っこして~ とか なでて~ とか・・・
寧々が本当に心底 「今幸せだな」って思っていることが 全身の表現から伝わってきます

+++
最初の2年間の状態を いやだな と思ったり なつかないんじゃないの  と、思う方もいると思います
それはその犬のせいではなく 今までの環境がそうさせたこと
人間だって 生まれてからずっと隔離された生活を送ってきたならば同じ状況になるはず
寧々も時がたって 飼い犬という生き方を学んだんでしょう
子犬の成長と同じです


これから何年 寧々と一緒に過ごせるかわかりませんが
最後まで 楽しく暮らしていけたら  と
思っています

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

記事を読み終えて
なんとも言えぬ感動で目頭が熱くなりました。

寧々ちゃんの幸せそうな表情で
安心してまどろむ姿も ほほえましい。

小さき命たちを精一杯、幸せにしてあげるのも
不幸にしちゃうのも 人間の責任なんだよね。

Rデコさん一家の深い愛情に
頭が下がる思いです。


これからも寧々ちゃんに幸あれ。

お誕生日、本当にオメデトウ!

  • 投稿者: るんちゃ
  • 2014/09/27(土) 13:14:04
  • [編集]

るんちゃさんへ

お祝い、コメント、ありがとうございます!
寧々の例はほんの一例で、まだたくさんの
犬や猫が悲しんでいるのかな と思います。
家族の一員として、しっかり最後まで面倒をみる
愛であり、情ですよね。

頭が下がるなんて とんでもありませんよっ!
私はるんちゃさんのブログを読んで もっとこうしよう
とか、学ばせてもらってます!見習わなければならないなぁ
と、私のいい加減さに、いつも反省です・・・



  • 投稿者: Rデコ
  • 2014/09/28(日) 21:42:54
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。